至仁会通信

重症患者のケア、そして命と向き合う病棟

圏央所沢病院4階、5階の急性期一般病棟には100床のベッドがあり、重い病気や大けがをされた患者さんの治療やケアを行っています。そして4階の急性期一般病棟には、主に脳神経外科や循環器内科の患者さんが入院しています。今回はその病棟の看護師長である佐藤さんにお話を伺いました。

患者さんの回復を支えることで、命の尊さに触れる

今回は圏央所沢病院の回復期リハビリテーション病棟のご紹介です。その名の通り、治療や術後の身体機能の回復を目的としてリハビリテーション(以下、リハビリ)を実施しています。さらに具体的な話を、同病棟の看護師長を8年以上務める打越さんに伺いました。

緊急手術に迅速に対応できる人材と環境

現在、圏央所沢病院には3か所の手術室と、2か所の血管内治療室があります。そこでは、脳神経外科、脳血管内治療科、整形外科、消化器外科、泌尿器科、眼科、血管外科、循環器科、形成外科、美容外科の手術を、年間1800件ほど行っています。今回は、同院手術室の看護師長である風間さんに、手術室(以下、オペ室)について教えていただきました。

多種多様な医療機器の操作や管理を担うスペシャリスト

圏央所沢病院・ME科のご紹介です。MEは「メディカル・エンジニアリング」「メディカル・エンジニア」の略称で、臨床工学およびその技士を意味します。今回は同科の技士長で、コメディカル部の副部長でもある志賀さんにお話しいただきました。

尿の問題を相談しやすい、泌尿器科の専門医

圏央所沢病院・泌尿器科の石渡進(いしわた・すすむ)先生。「2020年にこちらに来たので、コロナ禍のため、院内でも以前のようにコミュニケーションが取れなくて残念」と話されていました。今回は至仁会通信で先生をご紹介します。

事務だけでなく、患者さまの心のケアも大切

今回は圏央所沢病院の医事課のご紹介です。「医療事務」と聞いて想像するのは「病院やクリニックなどの、受付や会計業務」というイメージではないでしょうか?実際のところを、医事課の責任者である事務部長の小泉さんと、内野さんにお話を伺いました。

圏央所沢病院での「脳血管内治療」について

さまざまな要因により、脳の血管に障害が起こり発症するのが脳卒中です。埼玉県の救急隊は、脳卒中の疑いがある患者さんを「脳卒中ネットワーク」というデジタル連絡網を介して適切な病院へ搬送します。 圏央所沢病院の脳卒中センターは、常時、脳卒中の患者を受け入れているだけではなく、血栓回収療法(本文で解説)が可能な「一次脳卒中センターコア」として、2022年に日本脳卒中学会から認定されました。 これまで、頭にメスを入れる手術が数多く行われてきましたが、近年は脳の血管の内側から治療する方法も取り入れられています。その「脳血管内治療」について、同院の脳卒中センター長の石原秀章先生に解説していただきました。

ご自宅で生活しつづけるためのサポートを

今年で13年目になる「よしかわ通所リハビリテーション 道」。社会医療法人至仁会が運営するリハビリ特化型施設の中で、最初に開設された施設です。2021年には増築工事により床面積が約2倍となり、より明るく開放的な空間になりました。今回は、2022年4月から「道」の管理者である野沢 拓矢(のざわ・たくや)さんのご紹介と、同施設に関するお話です。

腰椎椎間板ヘルニアをわずらい整形外科医を志す

私は大学4年生のときに、坐骨神経痛の症状に悩まされました。当時は大学病院であってもMRIはなく、造影CTと針筋電図で腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。大学病院から紹介された整形外科クリニックにてブロック注射やリハビリなどの治療を継続して、少しずつ良くなりました。

1 2 3 4 5 6

RECRUIT

  • やりたいことがそこにある。
    なりたい自分がそこにいる。

  • 5年後の自分を、10年後の自分を想像できるか?
    今やるべきことを、しっかりと、一歩づつ。

  • 稼ぐためにではなく、
    学ぶために働く。

  • 欠点に目を背けるか、
    弱点を「強み」に変えるのか。

  • 失敗しない道を選ぶのか、
    失敗から何かを学べるか。