病院

より迅速に、かつ正確に調べる

圏央所沢病院・検査科のご紹介です。患者さんの血液や尿など「検体」に含まれている成分の分析や、超音波(エコー)、内視鏡などを用いた検査を行う部門になります。今回は臨床検査技師長の北田恭子さんにお話しいただきました。

放射線科は院内の「縁の下の力持ち」的な存在

圏央所沢病院には放射線科があり、病気やケガの状態を知るために使用されるレントゲンなど、さまざまな医療機器を扱っています。放射線科では、具体的にどのようなことをしているのでしょうか? 診療放射線技師長の上田徹さんにお話を伺いました。

脳卒中を知り、予防することが重要

厚生労働省の2020(令和2)年の情報によると、日本人の死因順位の第1位は悪性新生物(腫瘍)、第2位は心疾患(高血圧性を除く)、第3位は老衰。そして第4位は脳血管疾患であり、いわゆる「脳卒中」です。今回は脳神経外科医の加藤副理事長に、脳卒中について『私たちが知っておくべきこと』を中心にお話しいただきました。

適正な医療を確実に行い、信頼される病院に

2009年から数年間は圏央所沢病院の医長として、2018年からは脳神経外科センター長として活躍している石原 秀章(いしはら・ひであき)先生にお話を伺いました。インタビューを読んでいただくと、先生の人柄が感じられると思います。

やりがいを感じられる職場でより良い医療を~ 圏央所沢病院 副理事長 加藤先生インタビュー ~

圏央所沢病院の前身にあたる吉川病院のときから、脳神経外科医として活躍している加藤 裕(かとう・ひろし)先生にお話を伺いました。埼玉県急性期脳梗塞ネットワーク(SSN)の基幹病院として機能している圏央所沢病院 脳卒中センターで、現在はどんなことに取り組まれているのでしょうか。

1 2

RECRUIT

  • やりたいことがそこにある。
    なりたい自分がそこにいる。

  • 5年後の自分を、10年後の自分を想像できるか?
    今やるべきことを、しっかりと、一歩づつ。

  • 稼ぐためにではなく、
    学ぶために働く。

  • 欠点に目を背けるか、
    弱点を「強み」に変えるのか。

  • 失敗しない道を選ぶのか、
    失敗から何かを学べるか。

INSTAGRAM