Jin

透析患者の入所にも対応できる老健「遊」

至仁会が運営する介護老人保健施設 遊(ゆう)には、定員80人の入所施設と、定員130人の通所施設(デイケア)があります。今回は、人工透析患者の週3回の通院もサポートできる「遊」の入所施設について、理学療法士のキャリアを持つ新保さんが、同施設の入所管理者である溝渕(みぞぶち)さんに、お話を伺いました。

圏央所沢病院『療養病棟』の特徴とは?

2019年3月に新棟の3〜4階に40床ほど新規開設された、圏央所沢病院の療養病棟。同じ棟の1〜2階には透析センターがあります。同院は救急病院のため、一刻も早く高度な治療を必要とする患者、順調に回復している患者、さらに長期に渡る医療が必要な患者もいます。その中で、療養病棟は『病状が落ち着いた患者が入院する病棟』という役割を担っています。今回は、療養病棟について理解を深めたいと思っている理学療法士の新保さんが、同病棟の看護師長である杉田さんに、いろいろ質問しました。

圏央所沢病院 療養病棟の紹介                       至仁会の運営する入居施設と連携し、通院透析をより快適に!

圏央所沢病院の透析センターでは、介護老人保健施設「遊(ゆう)」や有料老人ホーム「憩(いこい)」に入居している慢性透析患者さんの生活をサポートしています。どちらの施設も、透析センターから車で数分という近距離にあり、日曜日を除く毎日運行する送迎車も利用できます。高齢の透析患者さんの受け入れについて、理学療法士のキャリアを持つ新保さんが、透析センター統括の志賀副部長に聞いてみました。

安心のシニアライフ・透析ライフを支えます 

社会医療法人 至仁会(しじんかい)が運営する住宅型の「有料老人ホーム 憩(いこい)」。同法人の救急指定病院である圏央所沢病院が隣接しており、体調の急変にも24時間対応してもらえるという安心感が魅力です。また「憩」と圏央所沢病院の職員はどちらも至仁会の職員なので、人のつながりもあるのが大きなメリット。 ほかにはどのような特徴があるのでしょうか?理学療法士としてのキャリアを持つ新保さんが、介護事業部長の杉浦さんに聞いてみました。

RECRUIT

  • やりたいことがそこにある。
    なりたい自分がそこにいる。

  • 5年後の自分を、10年後の自分を想像できるか?
    今やるべきことを、しっかりと、一歩づつ。

  • 稼ぐためにではなく、
    学ぶために働く。

  • 欠点に目を背けるか、
    弱点を「強み」に変えるのか。

  • 失敗しない道を選ぶのか、
    失敗から何かを学べるか。