ご自宅で受けるオーダーメイドのリハビリテーション

ご自宅で受けるオーダーメイドのリハビリテーション

今回は「社会医療法人至仁会 よしかわクリニック 訪問リハビリテーション」の管理者・鈴木大介さんに、訪問リハビリテーションとはどのようなサービスなのか、またサービスを利用できる方についてお話しを伺いました。

今回お話を伺った鈴木主任

ご利用者様の自宅で行うリハビリ

―訪問リハビリテーション(以下、訪問リハビリ)はどのようなサービスなのでしょうか?

まず「日常生活の自立を図る」ために、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など身体動作の専門家がご自宅を訪問し、さまざまなリハビリを行います。また「家庭や社会参加の向上を図る」ために、ご自宅の家事や行事に参加、さらに外出して買い物や地域活動に参加するのに必要な動作を、私たちも把握して一緒に練習します。

訪問リハビリを一言で説明すると、「ご利用者様の自宅に伺って、日常生活の自立と家庭や社会参加の向上を図るサービス」です。

といった説明ではピンとこないかもしれませんので、私たちが実際に行っていることを具体的に紹介しますね.

(1)身体状態の確認
ご利用者様の自宅で、血圧測定や指先で酸素飽和度などを測定するほか、視診・問診でお体の状態を確認します。

(2)身体・言語の機能訓練
体調にあわせて、関節可動域訓練・ストレッチング・筋力増強訓練、嚥下(えんげ)や視聴覚に関する訓練など適切なトレーニングを行います。

(3)日常生活動作(ADL)の練習
起きる・寝る・立つ・座る・歩く・トイレに行く・入浴する・階段を利用する・家事を行うなど、生活に必要な動作を練習します。

(4)自主トレの指導やアドバイス
各ご利用者様に適した運動を考えて、日々のトレーニングをご提案します。そのあとも進捗確認をして強度を変えたり、改善点を加えたりします。

(5)生活環境の調整
リハビリの専門家がご利用者様の動きを確認したうえで、ご自宅内の手すりや杖など福祉用具を提案して、生活環境をより快適にします。

(6)相談
ご利用者様自身の相談のほか、介助・介護するご家族の疑問や悩み、訪問リハビリ全般に関するご相談にのります。


さまざまな方がリハビリの対象者

ーなるほど。そのサービスはどなたが利用できるのでしょうか?

現在、訪問リハビリを利用されているのは、次のような方々です。

・外出できるようになりたい方
・屋内外での転倒を予防したい方
・体力を維持・増進させたい方
・ご自宅での生活を続けたい方
・食事のときにムセてしまう方
・運動を習慣化させたい方
・身体の相談をしたい方

在宅でのリハビリを希望する方を私たちは支援します。

介護保険で訪問リハビリをご利用いただくには、介護認定を受ける必要があります。介護認定に関しては「地域包括支援センター」や市役所の担当部署にお問い合わせください。すでに要支援1・2の認定を受けている方は「地域包括支援センター」に相談、要介護1~5の方は担当のケアマネージャーさんにご相談ください。

私たち「よしかわクリニック 訪問リハビリテーション」が訪問している範囲は、主に所沢市と入間市、さらに狭山市と東村山市の一部になります。

お気軽にお問合せください

ーよくわかりました。やはり利用料金も気になります。

そうですよね。事業所やご利用者様の保険内容、また利用回数や時間によって異なりますが、目安となる料金は以下のようになります。

リハビリ1回(40分)あたりの目安料金:
1割負担:650円/2割負担:1300円/3割負担1950円

リハビリ1回(60分)あたりの目安料金:
1割負担:1000円/2割負担:2000円/3割負担3000円

ーそれでは最後に一言お願いします。

ご利用者様の生活環境に合わせたリハビリ、つまりオーダーメイドのリハビリをご提供します。また私たちリハビリ専門家は、ご利用者様の暮らしぶりや生活のリズムを確認しながら、より身近な存在になれるように今後も努めていきます。

そのほか疑問点やご興味があれば、電話でもお気軽にお問合せください。

◆よしかわクリニック 訪問リハビリ 電話:04-2938-1132◆

ーいろいろ教えていただき、ありがとうございました。

2021年9月、よしかわクリニックにて。

RECRUIT

  • やりたいことがそこにある。
    なりたい自分がそこにいる。

  • 5年後の自分を、10年後の自分を想像できるか?
    今やるべきことを、しっかりと、一歩づつ。

  • 稼ぐためにではなく、
    学ぶために働く。

  • 欠点に目を背けるか、
    弱点を「強み」に変えるのか。

  • 失敗しない道を選ぶのか、
    失敗から何かを学べるか。

INSTAGRAM