Monthly Archives: October 2020

好奇心をもって、新しいことにチャレンジ~ 介護老人保健施設 遊・伊関施設長インタビュー ~

2019年4月に『介護老人保健施設 遊(ゆう)』の施設長に就任された伊関洋(いせき・ひろし)先生。外科医・医学博士として、臨床や最先端の医療機器の研究・開発に尽力されました。現職に就かれて約1年半、今はどのようなことに取り組まれているのでしょうか?

「遊」を日本一の施設にしたい

―どのような経緯で施設長に就任されたのでしょうか?

至仁会の吉川哲夫理事長は東京大学医学部の同級生で、一緒に試験勉強もするような気の合う友人でした。1974(昭和49)年に卒業し、私は東京女子医科大学の脳神経センター脳神経外科に入局して、脳外科の現場でがむしゃらに仕事をしてきました。その後、さまざまな病院や大学院で経験を積み、「よしかわクリニック」の前身にあたる病院で外来を担当していた時期もあります。2019年3月に早稲田大学理工学術院を定年退職した後、同年4月に介護老人保健施設 遊(以下「遊」)の施設長となりました。

若かりし日の二人。伊関先生(中央)、吉川理事長(左)

―「遊」でのお仕事はいかがでしょうか?

現在は約80名の入所者の健康管理が主な仕事で、診断機器は血圧計・体温計・聴診器など基礎的なものです。「いかに少ない情報から真実にたどりつくか」という、脳外科医時代のトレーニングが今も役に立っています。また今は、過去のしがらみに囚われることなく、新たなことにチャレンジできる環境にいます。赴任時の朝礼で「5年後には日本一の施設に」と挨拶しました。意図するところは、利用者さんに求められる施設というだけではなく、看護や介護のスタッフなど当施設で働く方も含めて“すべての人がいつも笑顔でいられる場所にしたい”ということです。そのために、具体的には、・ルーティンワークの見直し/無駄な仕事を削減・職域の撤廃と職種間を越えた連携・IT(情報技術)導入による仕事の効率化/情報の共有と可視化/ペーパーレス化などを進めているのですが、まだ道半ばの状態ですね。

目的に向かって突き進む

―先生個人のことについても教えてください。1948(昭和23)年5月7日、北海道生まれ(干支:子年/星座:牡牛座)です。高校を卒業する18歳まで函館で育ちました。朝から新鮮なイカの刺身が食べられるような環境で育ったので、魚介類は好物です。戦後、高校教師をつとめていた父の影響もあり医者になりました。自分には工学の勉強をして、もの作りに携わってみたいという気持ちもありました。それもあって、医学の道に進んだ後も、脳外科で使用する医療機器の研究や開発に没頭したのでしょう。自分が脳外科医になった頃の手術は、経験値が何よりものをいう世界だったのです。だから手術現場に立ち合い、経験を積むのに必死でした。ところが、現在進行形で進化しつづけているITを導入すると、手術の現場にいなくても患者さんの脳内部の様子を視覚的に習得しやすくなりました。また「オープンMRI」を術中に導入することによって、悪性脳腫瘍の摘出率が飛躍的にアップしたのです。つまり、術後の患者さんの生存率が上がったということです.

適応していくことも大切

―なるほど。常に脳外科の最先端で活躍されてきたのですね。医療機器以外でも、私はものを作ることが大好きなので、最近は「皮財布作り」にはまっています。構造を調べて形にするのが楽しいのです。

伊関先生てづくりの皮財布

「遊」での仕事にもアプリ(ソフトウェア)やタブレットなどを持ち込んで、当初は時間的に厳しかった仕事をこなせるようになり、余裕がでてきましたよ。ダーウィンの「強いものが生き残るわけではなく、賢いものが生き残るのでもない。変化できるものだけが生き残るのだ。」という言葉をいつも噛みしめています。古いやり方にしがみついていてはダメだし、仕事も楽しい方がいいですよね。

タブレット端末を使いこなす先生!

―そうですね。では最後に読者のみなさまへ、ひとことお願いします。現在は看護師さんと一緒に日々回診しながら、入所者さんの表情や状況を把握して、みなさんの健康状態を管理しています。そして、人の事だけでなく、自らも健康でありたいと強く思うようになりました。やはり健康第一です。―いろいろなお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

2020年10月@老人介護保健施設 遊にて。

マンツーマンのリハビリテーションで、不安や不自由を解消

今回は『圏央所沢病院 訪問リハビリテーション』を、同事業所責任者の佐々木さん(理学療法士・介護支援専門員)にご紹介いただきます。「訪問リハビリテーションってなに?」と思った方、ぜひ読んでください!

   佐々木さん

ご自宅で一対一の介護リハビリを長時間提供

ー圏央所沢病院が提供する訪問リハビリテーションはどのようなものでしょうか?はい。私たち理学療法士や作業療法士・言語聴覚士(3職種)が、医師の指示のもと、在宅でのリハビリテーション(以下、リハビリ)を支援します。主に病院で、入院患者・外来患者さんが医療保険制度下で受けるリハビリを「医療リハビリ」と呼んでいます。また、主に医療リハビリ期間を終了した方が、介護保険下で受けるリハビリを「介護リハビリ」と呼んでいます。当事業所ではその「介護リハビリ」を提供しています。具体的に行うことは、●歩行・トイレ・入浴などの日常生活動作の練習●身体・言語・嚥下(えんげ)の機能訓練●手すりや車いすの使用など生活環境に関する提案などです。デイケアやデイサービスなどの介護サービスで行われる個別リハビリが10~20分程度であるのに対し、訪問リハビリでは40~60分という長時間、一対一のリハビリを提供できます。また、ご利用者様の居住空間へ直接伺うことにより、実際の生活場面に即した機能訓練を、より効果的に行うことができます。

1対1でのリハビリを行います

質の高いリハビリを追求

―圏央所沢病院ならではの特徴はあるのですか?

あります。圏央所沢病院は高度急性期から慢性期の病院であり、さまざまな重度の患者さんに関わります。また訪問リハビリ以外にも、介護老人保健施設や通所リハビリテーションなど多様な介護施設を併設しています。高度急性期とは:高度な医療技術・設備と緊急措置を必要とする、発症日から2~3週間程度の治療期の約3年かけて、そのような医療・介護の現場で、幅広い知識と柔軟な思考を持った3職種の専門スタッフを育成できます。それが結果的に質の高いリハビリにつながると考えます。また専門スタッフは、至仁会のさまざまな医師・看護師・先輩などの指導を受けながら、チームワークも同時に学んでいるので、対応力のある人材になるのではないでしょうか。そして、一人前になった専門スタッフが訪問リハビリテーションを担当し、内容的にも時間的にも「入院中に行われるようなリハビリ」をご自宅で提供しているのです。 

入院中と同じリハビリがご自宅で、介護保険を利用して受けることが出来ます。

二重三重のチェック体制

ーなるほど。ほかにも特徴はありますか?

そうですね。私たちは複数担当制をとっています。ひとりのご利用者様に対して、数名の担当者がいるということです。そのメリットは、ひとりの担当者だと見逃してしまうような事に気づける可能性が高くなります。つまり、専門スタッフ同士でフォローできるということです。また、ご利用者様の情報を共有しているので、何か起こったときの対応も早くなります。

情報を共有してリハビリの質の向上を図ります。

ーそうなんですね。では、どなたが利用できるのでしょうか?所沢市・入間市・狭山市(入曽、水野)在住の、要介護または要支援の認定を受けている方、および介護保険申請中の方が利用できます。具体的な例としては、

身体を動かす機能が衰え起きたり歩くのが大変になった方普段の生活動作を安楽に行い、活動機会を増やしたい方食事でムセてしまう(うまく飲みこめない)方

からのご利用相談を受けています。ーどのようにしたら利用できますか?はい。担当のケアマネージャー(介護支援専門員)が決まっている場合は、そのケアマネージャーから当事業所へ相談・依頼されるケースが多いです。まだケアマネージャーが決まっていない方や、ご質問がある方も、ぜひ当事業所に直接お問い合わせください。

ーよくわかりました。それでは、最後に一言お願いします。ご利用者様から「リハビリを自宅で続けたら、ひとりでトイレに行けるようになり生活が楽になった」などの声を聞くと、私たち専門スタッフのやりがいにもつながります。ご利用者様の“こうありたい”という想いに寄り添い、訪問リハビリで日々の暮らしに彩を添え、「よいスタッフに出会えてよかった」と思って頂けるような事業所を目指しています。また利用する当事者様だけでなく、在宅介助で困っているご家族の方もご相談ください。

ーいろいろ教えていただき、ありがとうございました。

2020年9月、圏央所沢病院にて。

RECRUIT

  • やりたいことがそこにある。
    なりたい自分がそこにいる。

  • 5年後の自分を、10年後の自分を想像できるか?
    今やるべきことを、しっかりと、一歩づつ。

  • 稼ぐためにではなく、
    学ぶために働く。

  • 欠点に目を背けるか、
    弱点を「強み」に変えるのか。

  • 失敗しない道を選ぶのか、
    失敗から何かを学べるか。

INSTAGRAM