Yearly Archives: 2020

患者さんに寄り添うこと、それが一番大切~よしかわクリニック・中里先生インタビュー ~

2020年4月に「よしかわクリニック」の内科担当医に着任された中里 和義(なかざと・かずよし)先生。杏林大学の医学部を卒業されてから、ひたむきに医療に従事してこられました。どのような先生なのでしょうか?このインタビューからお人柄が伝わってくると思います!

中里先生

患者さんに寄り添うこと、それが一番大切患者さんに寄り添うこと、それが一番大切

―どのような経緯で「よしかわクリニック」に来られたのでしょうか?至仁会の吉川哲夫理事長には、私が埼玉県日高市の病院にいた頃からお世話になっています。その吉川先生が内科医として診察している「よしかわクリニック」で、「仕事をしませんか?」とお誘いをいただいたのがきっかけです。

―「よしかわクリニック」でのお仕事はいかがでしょうか?こちらに来てまだ8か月ほどですが、内科の外来患者さんの診療に注力している日々です。また「よしかわクリニック」と同じ建物内にある「リハビリテーション 道や、その他関連施設を利用している方の健康相談に応じたり、所沢市東狭山ヶ丘にある「有料老人ホーム 憩」などで訪問診療を行ったり、少しずつ仕事の幅が広がっているところですね。―現状での印象はいかがですか?ご存じのように、介護老人保健施設を利用する方々は、介助やリハビリテーションだけでなく、医療も必要な方が多いのです。そのような施設と病院につながりがあるのは、ご利用者様に安心感を与えられるという面で、とても良いことだと感じています。―それでは、先生個人のことについても教えてください。1968(昭和43)年1月15日、埼玉県鶴ヶ島市生まれ(干支:申年/星座:やぎ座)です。高校を卒業する18歳まで、地元の学校に通っていました。そして東京都三鷹市にある大学へ進学したので、所沢市からとても近いエリアで育ちました。

「どこか遠くへ行ってみたい」という欲求はあまりないです。これまで仕事をしてきた病院も、埼玉県南西部にあります。また、容体が気になる患者さんなどがいるときは、仕事を離れても気になってしまうので、これまで旅行らしい旅行をあまりしていないような(笑)―そうなんですね。では、休日の過ごし方は?唯一の趣味は下手ですがゴルフなのかな。ゴルフ好きの両親の影響もあり、大学生の頃に始めたので、かれこれ30年以上続けています。鶴ヶ島市や日高市、そして所沢市もゴルフ場にアクセスしやすい立地ですよね。ゴルフコースの開放感や爽快感が好きで、プレーは気分転換になります。読書や音楽鑑賞などにも興味はありますが、趣味と呼べるほどのこだわりはないかなぁと。

感謝の言葉は、やりがいになる

―なるほど。では内科医になろうと思ったきっかけは?内科のほかにも、外科、整形外科、小児科、皮膚科、眼科などなど、いろいろありますよね。それでも内科医を目指したのは、自分の性格に一番あっていると感じたからです。じっくりと患者さんの話を聞いて、診断することが大切だと考えています。これも性格的なものが大きいのかもしれませんが、一方的に患者さんを診断するのではなく、よく話を聞いて寄り添うべきだと思うのです。内科に来られる患者さんは、体のどこかに不調があるものの、その理由までは分からない場合が大半ですから。

―患者としては、先生に話をきいてもらえる安心感は大きいです。

はい。内科医は話を聞いて、総合的に判断しなければなりません。医療の知識や、これまでの経験から、「この患者さんは内科ではなく○○科へ行くべき」と判断して、他科の先生に診断をお願いすることもよくありあます。治療の結果、患者さんの体調が良くなれば一安心ですし、感謝の言葉をいただいたときは、本当にうれしいです。それが医師としての仕事のやりがいでしょうね。また、自分に合っている職業に就けたのは何よりです。

―適職に就けたのは、得難い幸運ともいえるのでしょうね。たしかにそうですね。でも今後は、もう少し自分の時間も大切にして、趣味と呼べるものを増やしたいなと(笑)また、ステーキやうなぎなどスタミナ系の食事も好きなので、たまには美味しいものを食べて、体力も維持していきたいです。

―今後のご活躍も期待しております。いろいろお話いただきありがとうございました!2020年11月、よしかわクリニックにて。

自由に過ごせる、楽しく過ごせる、のんびりと寛げる場所。 ~「介護老人保健施設 遊 通所サービス」紹介~

今回は「介護老人保健施設 遊(ゆう、以下「遊」)」の理学療法士でありデイケアサービス施設の相談員・櫻井さんにお話を伺いました。どのような魅力がある施設なのでしょうか? 

今回お話伺った相談員の櫻井さん

個人を尊重し、自由に過ごせる環境

―まず「遊」はどのような施設なのでしょうか?建物の1階には通所定員130名の通所リハビリテーション(=デイケア)施設、2階3階には入所定員80名のユニット施設(完全個室)を備えています。通所と入所ではサービスの内容が異なります。

―今回は通所リハビリテーション施設のことを教えてください。はい。ご利用いただけるのは、要支援または要介護の認定を受けている方になります。現在は40歳から101歳までの約350名が利用されていて、平均年齢は81歳です。男女比はおよそ3:2で、男性のご利用者様が多め送迎は、所沢市の西側エリア、入間市・狭山市の一部エリアを中心に行っており、半年に1度はご利用者様の状況に合わせてルートなどを見直しています。利用時間は9:30~15:30、10:30~16:30の2パターンです。

―男性が多めのデイケアサービス施設はめずらしいですよね。そうですね。ほとんどのご利用者様はケアマネージャー(介護支援専門員)さんの紹介で利用施設を決めるのですが、「遊」は個人を尊重して自由に過ごせる環境を大切にしていることから、男性にもおすすめしやすいのかもしれません。ある程度まとまった人数で行う体操や音楽療法などの多彩なレクリエーションもあるのですが、スタッフ側から「・・・しましょう」「・・・してください」と働きかけるよりも、その人その人の行動をフォローするようにしています。

広々した空間

癒しのセラピー犬・大浴場は富里温泉の湯

―そうなんですね。ほかに何か特徴的なものはありますか?セラピー犬「ラブ」「ライク」の存在は、ご利用者様の癒しになっているようです。ラブはもう9歳で落ち着いているのですが、今年(2020年)9月にデビューした1歳のライクは、まだやんちゃ盛りです。ラブもライクも、セラピー犬というよりはマスコット犬かもしれません(笑)

先輩セラピー犬のラブ(右)と、新人のライク(左)

      

彼らは、だいたい出入口付近の囲いの中や、中庭にいます。かつて犬を飼っていたご利用者様の中には、ラブに接することによって、ほかのご利用者様やスタッフとの会話が弾むようになった方もいますよ。

―なるほど。ちょっと人見知りする方も、「ラブ」「ライク」と接するときはリラックスできるのでしょうね。癒しと言えば、大浴場は温泉のお湯なのですよね。はい。温泉の効果が期待できるので、千葉県の富里温泉からタンクローリーでお湯を運んでいます。入浴は必ずスタッフがお手伝いし、車いすを使用して湯に浸かれるリフト設備も整っています。

千葉県の富里温泉

デイケアサービスに参加するだけで普段の約3倍の運動量!

―ほかにも「遊」を利用する楽しみはありますか?昼食を楽しみにしている方も少なくないです。食事はご自身で取りに行き、名前を言ってもらい、お好きなお席で食べていただきます。「上げ膳据え膳があたりまえ」という生活をされてきた方は始めのうち抵抗があるようなのですが、だんだん慣れます。「遊」の広々とした空間では、この食事を取りに行くという動きや、トイレに行くなど日常の生活動作だけでも、ご自宅にいるときの3倍ほどの運動量になるのです。もちろん、介助が必要な方に対してはお手伝いしますよ。

―マシンなどでの自主トレーニングが苦手な方の運動量もアップするのですね。そうですね。園庭ではグランドゴルフをプレイできますし、草花がお好きな方が集まる園芸サークルもあります。

園芸サークルの皆さん 水やりをしたり…

お花を運んだり…

野菜栽培の得意な方が増えれば、今はお休みしている畑仕事も復活させたいです。また室内では「大人の学校」というレクリエーションがあり、お題に対して発言をしてもらうので、認知予防にもなると考えています。

真剣に遊ぶ

そのほか「塗り絵コンテスト」や麻雀も人気があって、“真剣に遊ぶ方”も多いので盛り上がりますね。

とても上手に仕上がりました!

ほかにも、新しいイベントのことや送迎ルートのことなど、お伝えしたいことがいろいろあるので、毎月「介護老人保健施設 遊 デイケア通信」を発行しています。ぜひご覧になってください。

―わかりました!今回は「遊」のデイケアサービスの魅力をご紹介いただき、ありがとうございました。2020年11月、介護老人保健施設 遊にて。

“できることは自分で行う”がモットーのリハビリテーション施設   ~「通所リハビリテーション 緑」紹介

今回は「通所リハビリテーション 緑(以下「緑」)」を、理学療法士であり同施設管理責任者の塩野入さんにご紹介いただきます。どのようなリハビリテーション施設なのでしょうか?

今回お話を伺った、責任者の塩野入さん

トレーニングマシーンだけでなくプールもある!

―まず「緑」を利用されるのは、どのような方々でしょうか?

要支援または要介護の認定を受けていて、ご自身で送迎バスに乗車でき、トイレにも行ける方が対象です。プールのご利用に関しては、おひとりで着替えができ、事故防止の観点から私たちの指示を聞いていただける方となっています。送迎は、所沢市の東側エリア、新座市の新堀・西堀エリア、清瀬市、東村山市の秋津町・青葉町エリアで行っており、送迎の必要がない方は特にエリアを制限していません。現在460名ほどのご利用者様がいて、平均年齢は80歳。90歳以上の方も30名ほど利用されていて、全体的に前向きな方が多い印象です。

―施設にはプールもあるのですね。

そうなんです。 施設の1階に受付やプールがあります。プールは泳ぐためのものではなく、水中歩行や体操などの全身運動に使用し、足腰が弱い方のトレーニングに最適です。

プールでの水中リハビリは、身体への負担が少なく、全てのひとに適した運動です。

また広くて明るい2階の空間には、筋トレや持久力強化に使用する23種43台のトレーニングマシーンや、趣味の活動を行う机席、食事席などがあります。ご利用いただく時間は1回4時間が基本で、9時半から、10時半から、11時半から、12時半からの4パターンです。どの時間帯に来ても、昼食を取っていただけますよ。昼食は職員も利用しているのですが、自信を持って「美味しい」と言えます!

―食事が美味しいのはいいですね。楽しみが増えます(笑)

もちろん食事だけではなく、自主トレーニングや趣味の活動を楽しんでいるご利用者様が多いです。「利用時間が1回4時間って長いのでは?」と質問されることもあるのですが、ご利用者様をみる限りそんなことはないようです。毎回、施設到着後にバイタルチェックを行ったあとは、基本的に自分のペースで過ごせますよ。がんばりたい方には、それなりにハードなトレーニングメニューを用意してこなしていただきます。のんびりと過ごしたい方には、革細工・木目込み・書道など趣味の活動も30分ほど含めてトレーニングを行っていただきます。

ご利用者さまが、ご自身で自ら選択した活動を行います。

「自分でできる」という充実感

―トレーニングはどのような形で行うのですか?

利用日2日に1回程度、理学療法士や作業療法士などリハビリ専門職のスタッフが、必要に応じて個別リハビリを行っています。おすすめのトレーニング方法や機器の使い方をお伝えして、しばらくその運動を続けてもらい経過をみます。このトレーニングに関しても、見守るけれども介入しすぎないことを心がけています。心身機能の低下を抑制して、在宅での生活を続けてもらうという大きな目的があるので、できることは自分で行うのが大切だと考えます。

―なるほど。誰かがやってくれる環境だと、つい頼ってしまいますよね。そうですよね。大病をわずらい40代で介護保険を適用して「緑」を利用される方などは、働きながら通所でトレーニングを積み、社会復帰を目指しています。その結果、介護保険も卒業できれば嬉しい限りです。ほかにも、「高尾山にもう一度登ること」を目標にトレーニングをしている方がいました。

その目標を成し遂げたとき、ご本人の充実感はもちろん大きいのですが、私たちの達成感も大きく、やりがいを感じます。

―いいお話ですね。それでは最後にひとことお願いします。「緑」を「自分も利用したい施設」にしていきたいです。もう少し具体的に言うと、一般的な介護系施設のイメージではなく、どちらかというとフィットネスクラブのような開放的な空間で、一人ひとりの時間の過ごし方を大切にする場所にしたいです。

フィットネスクラブのような開放感!

―今日はいろいろなお話を聞かせていただき、ありがとうございました!!

2020年10月、通所リハビリテーション 緑にて。

好奇心をもって、新しいことにチャレンジ~ 介護老人保健施設 遊・伊関施設長インタビュー ~

2019年4月に『介護老人保健施設 遊(ゆう)』の施設長に就任された伊関洋(いせき・ひろし)先生。外科医・医学博士として、臨床や最先端の医療機器の研究・開発に尽力されました。現職に就かれて約1年半、今はどのようなことに取り組まれているのでしょうか?

「遊」を日本一の施設にしたい

―どのような経緯で施設長に就任されたのでしょうか?

至仁会の吉川哲夫理事長は東京大学医学部の同級生で、一緒に試験勉強もするような気の合う友人でした。1974(昭和49)年に卒業し、私は東京女子医科大学の脳神経センター脳神経外科に入局して、脳外科の現場でがむしゃらに仕事をしてきました。その後、さまざまな病院や大学院で経験を積み、「よしかわクリニック」の前身にあたる病院で外来を担当していた時期もあります。2019年3月に早稲田大学理工学術院を定年退職した後、同年4月に介護老人保健施設 遊(以下「遊」)の施設長となりました。

若かりし日の二人。伊関先生(中央)、吉川理事長(左)

―「遊」でのお仕事はいかがでしょうか?

現在は約80名の入所者の健康管理が主な仕事で、診断機器は血圧計・体温計・聴診器など基礎的なものです。「いかに少ない情報から真実にたどりつくか」という、脳外科医時代のトレーニングが今も役に立っています。また今は、過去のしがらみに囚われることなく、新たなことにチャレンジできる環境にいます。赴任時の朝礼で「5年後には日本一の施設に」と挨拶しました。意図するところは、利用者さんに求められる施設というだけではなく、看護や介護のスタッフなど当施設で働く方も含めて“すべての人がいつも笑顔でいられる場所にしたい”ということです。そのために、具体的には、・ルーティンワークの見直し/無駄な仕事を削減・職域の撤廃と職種間を越えた連携・IT(情報技術)導入による仕事の効率化/情報の共有と可視化/ペーパーレス化などを進めているのですが、まだ道半ばの状態ですね。

目的に向かって突き進む

―先生個人のことについても教えてください。1948(昭和23)年5月7日、北海道生まれ(干支:子年/星座:牡牛座)です。高校を卒業する18歳まで函館で育ちました。朝から新鮮なイカの刺身が食べられるような環境で育ったので、魚介類は好物です。戦後、高校教師をつとめていた父の影響もあり医者になりました。自分には工学の勉強をして、もの作りに携わってみたいという気持ちもありました。それもあって、医学の道に進んだ後も、脳外科で使用する医療機器の研究や開発に没頭したのでしょう。自分が脳外科医になった頃の手術は、経験値が何よりものをいう世界だったのです。だから手術現場に立ち合い、経験を積むのに必死でした。ところが、現在進行形で進化しつづけているITを導入すると、手術の現場にいなくても患者さんの脳内部の様子を視覚的に習得しやすくなりました。また「オープンMRI」を術中に導入することによって、悪性脳腫瘍の摘出率が飛躍的にアップしたのです。つまり、術後の患者さんの生存率が上がったということです.

適応していくことも大切

―なるほど。常に脳外科の最先端で活躍されてきたのですね。医療機器以外でも、私はものを作ることが大好きなので、最近は「皮財布作り」にはまっています。構造を調べて形にするのが楽しいのです。

伊関先生てづくりの皮財布

「遊」での仕事にもアプリ(ソフトウェア)やタブレットなどを持ち込んで、当初は時間的に厳しかった仕事をこなせるようになり、余裕がでてきましたよ。ダーウィンの「強いものが生き残るわけではなく、賢いものが生き残るのでもない。変化できるものだけが生き残るのだ。」という言葉をいつも噛みしめています。古いやり方にしがみついていてはダメだし、仕事も楽しい方がいいですよね。

タブレット端末を使いこなす先生!

―そうですね。では最後に読者のみなさまへ、ひとことお願いします。現在は看護師さんと一緒に日々回診しながら、入所者さんの表情や状況を把握して、みなさんの健康状態を管理しています。そして、人の事だけでなく、自らも健康でありたいと強く思うようになりました。やはり健康第一です。―いろいろなお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

2020年10月@老人介護保健施設 遊にて。

マンツーマンのリハビリテーションで、不安や不自由を解消

今回は『圏央所沢病院 訪問リハビリテーション』を、同事業所責任者の佐々木さん(理学療法士・介護支援専門員)にご紹介いただきます。「訪問リハビリテーションってなに?」と思った方、ぜひ読んでください!

   佐々木さん

ご自宅で一対一の介護リハビリを長時間提供

ー圏央所沢病院が提供する訪問リハビリテーションはどのようなものでしょうか?はい。私たち理学療法士や作業療法士・言語聴覚士(3職種)が、医師の指示のもと、在宅でのリハビリテーション(以下、リハビリ)を支援します。主に病院で、入院患者・外来患者さんが医療保険制度下で受けるリハビリを「医療リハビリ」と呼んでいます。また、主に医療リハビリ期間を終了した方が、介護保険下で受けるリハビリを「介護リハビリ」と呼んでいます。当事業所ではその「介護リハビリ」を提供しています。具体的に行うことは、●歩行・トイレ・入浴などの日常生活動作の練習●身体・言語・嚥下(えんげ)の機能訓練●手すりや車いすの使用など生活環境に関する提案などです。デイケアやデイサービスなどの介護サービスで行われる個別リハビリが10~20分程度であるのに対し、訪問リハビリでは40~60分という長時間、一対一のリハビリを提供できます。また、ご利用者様の居住空間へ直接伺うことにより、実際の生活場面に即した機能訓練を、より効果的に行うことができます。

1対1でのリハビリを行います

質の高いリハビリを追求

―圏央所沢病院ならではの特徴はあるのですか?

あります。圏央所沢病院は高度急性期から慢性期の病院であり、さまざまな重度の患者さんに関わります。また訪問リハビリ以外にも、介護老人保健施設や通所リハビリテーションなど多様な介護施設を併設しています。高度急性期とは:高度な医療技術・設備と緊急措置を必要とする、発症日から2~3週間程度の治療期の約3年かけて、そのような医療・介護の現場で、幅広い知識と柔軟な思考を持った3職種の専門スタッフを育成できます。それが結果的に質の高いリハビリにつながると考えます。また専門スタッフは、至仁会のさまざまな医師・看護師・先輩などの指導を受けながら、チームワークも同時に学んでいるので、対応力のある人材になるのではないでしょうか。そして、一人前になった専門スタッフが訪問リハビリテーションを担当し、内容的にも時間的にも「入院中に行われるようなリハビリ」をご自宅で提供しているのです。 

入院中と同じリハビリがご自宅で、介護保険を利用して受けることが出来ます。

二重三重のチェック体制

ーなるほど。ほかにも特徴はありますか?

そうですね。私たちは複数担当制をとっています。ひとりのご利用者様に対して、数名の担当者がいるということです。そのメリットは、ひとりの担当者だと見逃してしまうような事に気づける可能性が高くなります。つまり、専門スタッフ同士でフォローできるということです。また、ご利用者様の情報を共有しているので、何か起こったときの対応も早くなります。

情報を共有してリハビリの質の向上を図ります。

ーそうなんですね。では、どなたが利用できるのでしょうか?所沢市・入間市・狭山市(入曽、水野)在住の、要介護または要支援の認定を受けている方、および介護保険申請中の方が利用できます。具体的な例としては、

身体を動かす機能が衰え起きたり歩くのが大変になった方普段の生活動作を安楽に行い、活動機会を増やしたい方食事でムセてしまう(うまく飲みこめない)方

からのご利用相談を受けています。ーどのようにしたら利用できますか?はい。担当のケアマネージャー(介護支援専門員)が決まっている場合は、そのケアマネージャーから当事業所へ相談・依頼されるケースが多いです。まだケアマネージャーが決まっていない方や、ご質問がある方も、ぜひ当事業所に直接お問い合わせください。

ーよくわかりました。それでは、最後に一言お願いします。ご利用者様から「リハビリを自宅で続けたら、ひとりでトイレに行けるようになり生活が楽になった」などの声を聞くと、私たち専門スタッフのやりがいにもつながります。ご利用者様の“こうありたい”という想いに寄り添い、訪問リハビリで日々の暮らしに彩を添え、「よいスタッフに出会えてよかった」と思って頂けるような事業所を目指しています。また利用する当事者様だけでなく、在宅介助で困っているご家族の方もご相談ください。

ーいろいろ教えていただき、ありがとうございました。

2020年9月、圏央所沢病院にて。

「よしかわ通所リハビリテーション 道」紹介~自立を促すリハビリテーションを目指して~

今回は「よしかわ通所リハビリテーション 道(以下「道」)」を、ご紹介いただきます。どのような特徴がある施設なのでしょうか?

今回お話を伺った高野所長

自己選択(自律)による、活動(自立)を!

―まず「道」はどのような施設ですか?

「道」は、所沢市若狭にある「よしかわクリニック」に併設しており、至仁会が初めて手掛けた介護予防のための施設です。定員は80名で、現在は450名を超えるご利用者様がいます。対象は、要介護または要支援の認定を受けていて、ご自身でトイレに行ける方です。基本は1回3時間の利用となります。ただし、送迎が必要ない方やご家族が送迎する方は、1日利用も可能です。

―施設やサービスの特徴を具体的に教えてください。

まず施設は、天井が高く窓が大きい広々とした空間なので開放感があります。トレーニングマシンの種類や数も豊富です。

多数のリハビリ専門職が在籍

リハビリの専門職である理学療法士と作業療法士が合計10人在籍しており、これは他の施設と比較するとかなり多いです。そのため、頻度はそれぞれ違いますが、ご利用者様全員への個別リハビリが可能となります。

※個別リハビリとは、理学療法士がご利用者と1対1で行う、機能訓練のことです。

そして「脱全員」「脱古風」「脱過介護」を目指しています。それぞれどういう意味なのか、少し説明させてください。

自身で選択できる

「脱全員」について、たとえば多くのデイサービスでは、「全員で歌をうたう」「全員で体操する」など、集団で何かする機会が多いですよね。「道」では、集団リハ、個人トレーニング、趣味の活動など、ご利用者様が自分で何をするか選択できます。

再先端のリハ

「脱古風」については、“スポーツクラブのような”新しイメージの施設設備を整えました。さらに、脳卒中の後遺症として手足などに麻痺やしびれがあるご利用者様には、「ロボットリハ」と呼ばれる最先端の機器も導入して機能改善を行っています。

自立支援

「脱過介護」については、もちろん介護は必要ですが、過度な介助にならないように努めています。スタッフは“ご利用者様が自立した生活を送れるようにサポートする”という姿勢で接します。

自立を促すリハビリテーションを目指して

―これまでと少し違うタイプの通所リハビリテーションなのですね。ご利用者様側の特徴もあるのでしょうか?

年齢的には70代半ばの方が多めになりますが、介護保険が適用される40代から90代までの幅広い年齢の方が利用されています。そして、男女比がだいたい1対1というのが特徴です。

趣味を活かした活動性の改善

趣味の活動も多彩です。屋上でのグラウンドゴルフ、PC教室、職員が考えた課題にチャレンジする「王座決定戦」などが好評で、自分の好みに合わせて参加できます。さらに現在拡張工事中であり、来年2021年6月に完成予定です。完成後には施設の床面積が約2倍になります。快適なスペースが増えるので、もっと多くの方に「道」の特徴や利用価値を知ってほしいと思います。

拡張予定の新しいスペース

―そうなんですね。身体機能の低下を未然に防ぐことを重視されているように感じました。

人との関わりを楽しみ、人と繋がりを作る

はい。体の運動機能だけでなく、心の健康も保ってほしいです。年齢を重ねると外出する機会が減り、家族以外とのつながりも薄くなってくるので、トレーニングや趣味の活動を通して、ご利用者様同士の会話も楽しんでもらいたいです。また若くて元気なスタッフも多いので、そのポジティブなエネルギーがご利用者さんにも届けば幸いです。―たしかに。パワーを分けてもらえそうです!それでは、本日はいろいろお話いただきありがとうございました。2020年9月、「通所リハビリテーション 道」にて。

中本院長インタビュー ~「ここで診察してほしい」と思われる病院に。~

2020年4月に圏央所沢病院の院長に就任された中本一海(なかもと・かずみ)先生。今回は中本先生のプライベートにも触れながらご紹介します。先生の趣味は何でしょうか?このインタビューを読むと中本先生の人柄も垣間見えます!

「この人に診てもらいたい」と思われる医者になることが目標

―どのような経緯で院長に就任されたのでしょうか?私は熊本大学医学部卒業後、まず西埼玉中央病院に在籍して医療に従事してきました。その頃(40年以上前)から所沢・入間・狭山エリアと縁があり、吉川哲夫理事長とは旧知の仲です。今回はその吉川先生からお声がけいただき、自分にも「いつか一緒に仕事してみたい」という思いがあったので、院長に就任しました。―5か月ほど経ちましたが、いかがでしょうか?圏央所沢病院は、開院当初よりエリアの救急病院として地域医療に貢献しています。また24時間絶え間なく脳神経外科医療を提供する「脳卒中センター」や、腎不全の患者さんに不可欠な「透析センター」などが充実していることでも知られている病院です。医療設備面でも整っている病院なので、仕事をする上で大変ありがたい環境です。私の担当は循環器内科であり、これまでのカテーテル治療などの経験を生かすことが当院で期待されているものと感じています。「カテーテル」は直系数ミリの柔らかい管のことで、それを利用して行う治療が「カテーテル治療」。心臓の血管が狭くなったり詰まったりすることで起こる、狭心症や心筋梗塞などの治療によく用いられます。―先生個人のことについて、少し教えてください。1950(昭和25)年10月6日、熊本県生まれ(干支:寅年/星座:てんびん座)です。私、実は体育会系なんですよ。高校生のときに陸上競技でインターハイに出場しました。短距離や跳躍系の競技が得意でしたが、ほかのスポーツも全般的に楽しいと思っています。やはり走ることが好きなので、今でも少なくとも週に一度はジョギングをしますね。ちなみにゴルフはチャレンジしたことがありません。

20代の頃は陸上競技だけではなく本格的な登山も!

―ほかに趣味などはありますか?ほぼ毎日、本を読んでいます。リラックスしたいときは仕事と関係ないものがほとんど。ぱっと思い出せるところでは、ジャレット・ダイアモンド(米国の生理学者)のノンフィクション『銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎』など面白かったですね。医者としては意外かもしれませんが、哲学書も好きでよく読みます。あとはクラシック音楽が好きです。いろいろ聞きますが、指揮者としての名声が高かったマーラーの音楽はいいですよね。以前は月に一度くらいコンサートへ出かけていたのですが、最近はこのような状況なので、残念ながら家で聞くのみ。楽器は特に演奏しないので、愛聴家ということになります。

―好きな食べ物・飲み物などは?

本当に好き嫌いがないのです。肉も魚も野菜も、何でも美味しくいただきます。お酒もそうで、ビールや日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー何でも楽しみます。最近は外食の機会が減りましたが、あえて選ぶなら…和食がいいですかね。そういえば、病院で仕事しているときはほとんど昼食を取らないです。時間がもったいないと思ってしまうのです…患者さんや、一緒に仕事をしている看護師や技師などを「できるだけ待たせたくない」という気持ちもありますね。―医師としての理想や今後の目標についてお聞かせください。

「四苦八苦」という言葉がありますが、病院はその四苦(生苦・老苦・病苦・死苦)と日々向き合う場所。病院など必要ない状態が本当の理想なのですが、そうもゆかないのが現実ですよ。できる限り、みなさんの生活習慣病をコントロールしたい、予防医学にもっと力をいれたい、と考えています。私は医療に従事してから今まで、「この人に診てもらいたい」と思われる医者になることが目標です。「この病院で診察してほしい」と思われるような場所にしたいとも言えます。また患者さんは、体のどこかに痛みや違和感があって病院に来られるのです。医者に求められるのは、その不調の原因を突き止め、その人に対してベストな治療を行うこと。もちろん、親身に話を聞いたり、丁寧な診察を行うことも大切ですが、病気を治すことが医者の使命です。

―最後に読者のみなさまへ、ひとことお願いします。

圏央所沢病院を含む医療法人・至仁会(しじんかい)は、介護老人保健施設や通所リハビリテーション、訪問看護ステーション、居宅介護支援センターなどさまざまな病院や施設が連携しているのが強みです。今後もその連携がうまくいくように尽力したいと思います。

―興味深いお話、ありがとうございました!

2020年8月、圏央所沢病院にて

いつも穏やかな表情で親しみやすい中本一海院長。

通所リハビリテーション 遊

「心と体に遊びを」

通所リハビリテーション遊は、所沢市東狭山ヶ丘にある定員130名の通所リハビリテーションです。

介護老人保健施設 遊の一階にあり、「心と体に遊びを!」テーマにサービスを提供しています。

チャイルドセラピー~子供達との交流~

通所リハビリテーション遊では、職員の子どもを預かる託児所が敷地内に併設しています。広大な園庭を共有しているため、施設内から子供の笑顔を眺めることや、園庭で交流することもできます。定期的に託児所の子供が通所リハビリテーションへ遊びに来て歌の発表会も行うなど、子供たちとの交流会を設けています。子どもたちの笑顔が利用者様を和ませてくれると同時に、子供との交流で意欲が向上し活動量が増えるなどの効果も期待できます。

 

アニマルセラピー~セラピー犬との交流~

エントランスを抜けると、1匹のセラピー犬がご利用者様をお出迎えします。ラブラドールレトリバーのラブ君です。利用者様の中には、ラブ君に会うことをモチベーションに通われている方もいらっしゃるくらい、人気のセラピー犬です。動物とのふれあいから、リハビリを意欲的に取り組まれたという事例は数多く報告されていて、動物介在療法として広く知られています。

車椅子でも肩までつかれる温泉

通所リハビリテーション遊では、千葉県にある冨里温泉からタンクローリーで運んだ温泉があります。車椅子のままでも肩までつかる事ができる設備も整えており、全ての利用者様に、普段入ることが難しい温泉を楽しんでいただけます。温泉療法が存在するように、心のリラックス効果に加えて、身体機能の維持・向上効果が見込まれます。

広大な園庭

通所リハビリテーション遊の敷地内には、1,700㎡を超える園庭があります。一周約150mの園庭を、平坦で安全な環境で自由に歩いていただくことができます。天気がいいときには、グランドゴルフなどの活動を行っています。

高齢者施設の概念を覆すような設備

設計段階から、高齢者施設の概念を覆すことをテーマに致しました。正面玄関を入ると、喫茶店を彷彿させるようなカウンターが皆様をお出迎え致します。

楽しみを持った生活リハビリテーション

通所リハビリテーション遊では介護職員は勿論ですが、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師などの専門職を基準より多く配置していることが特徴です。また、通所リハビリテーションでは珍しく言語聴覚士も専属で1名配置しております。脳卒中後遺症や加齢による、飲み込みや発声などの障害に対しても対応させていただいております。

病院の目標を持ったリハビリテーションとは別に、生活に則した楽しみの中での運動や、リハビリテーションを提供します。

ケアは人の心と安全から

通所リハビリテーションはデイケアという施設区分となります。名称が似ているデイサービスが外出や社会交流を主な目的としており、デイケアでは身体機能に加えて、認知機能・日常生活の維持・向上を目的としています通所リハビリテーション遊は特に、日常生活の維持・向上を目的とした、医療スタッフによる心身機能のケアを手厚くしているのが特徴です。

当施設では脳神経外科専門医である施設長に加えて、内科医師も勤務。医師を始めとする医療スタッフが配置されており、軽微な体調の変化の確認や状態管理までを行っています。更に、関連施設の圏央所沢病院が徒歩1分のところにありますので、日々の体調管理を手厚く行うことは勿論、万が一の際にも対応できる体制があります。

自主性の育み

通所リハビリテーション遊ではご利用者様に何かを強制することはありません。様々なアクティビティーのご提案をさせていただきながら、ご興味があったものをご自身で選択して行っていただくことで自主性を促しております。

積極的に自主性を発揮していただけるように、職員が適切にお声をかけさせていただいいております。

適度な距離感を保ちながら、利用者様の自主性の育みを援助させていただくのが通所リハビリテーション遊の特徴です。

RECRUIT

  • やりたいことがそこにある。
    なりたい自分がそこにいる。

  • 5年後の自分を、10年後の自分を想像できるか?
    今やるべきことを、しっかりと、一歩づつ。

  • 稼ぐためにではなく、
    学ぶために働く。

  • 欠点に目を背けるか、
    弱点を「強み」に変えるのか。

  • 失敗しない道を選ぶのか、
    失敗から何かを学べるか。

INSTAGRAM